Samsung、Appleに先駆け高解像度ディスプレイを採用したタブレットを発売か?!

BGRが、信頼出来る情報筋によると、Samsungは11.6インチで解像度が「2,560×1,600」の高解像度ディスプレイを採用したタブレットを来年2月に発売する準備が整っているようだと伝えています。
同タブレットは毎年2月に開催されるMobile World Congressで発表されるものとみられており、大きさは11.6インチのディスプレイを採用するもののベゼル部分が細くなっている事から端末の大きさは「Galaxy Tab 10.1」から少し大きくなる程度のようです。
また、CPUにはARM Cortex-A15をDual Coreで搭載したSoC「Exynos 5250」(クロック数は2GHz)を採用するようで、BGRはAppleの次世代”A6″プロセッサはSamsungのCPUと非常に似ていると聞いているそうです。
次期iPadも「2,560×1,600」のディスプレイを採用すると噂されていますが、発売時期的にはSamsungの方が早くなりそうですね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事