Catcher Technology、MacBookシリーズの筐体製造工場を11月に再稼働へ

先日、AppleのMacBook ProやMacBook Air向けアルミ製ケースの主要供給元である中国のCatcher Technologyが、環境問題により蘇州にある製造工場の操業を一時的に停止する事を発表した事をお伝えしましたが、DigiTimesによると、Catcher Technologyは同工場の設備や製造プロセスを修正する為に200万〜300万ドルを投資する予定のようです。

macbookcase.jpg

また、Catcher Technologyは11月にも工場の稼働を再開する事を目指しているそうです。
【関連エントリ】
 ・MacBookシリーズのアルミケースを供給しているCatcher Technology
  が、環境問題により工場の一時閉鎖を発表

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。