新しい「iPod touch 4G」の中身に大きな変化は無し

本日、iFixitが、先日にホワイトモデルが追加され値下げされた新しい「iPod touch 4G」の内部コンポーネントに関する情報を公開しています。
新しい「iPod touch 4G」を分解し昨年にリリースされた「iPod touch 4G」と比べた結果、A4チップのマーキングが「K4X2G643GE」から「VT1K3441AQ」に、ジャイロスコープのマーキングが「AGD8 2032」から「AGD8 2131」に変更されていて、WiFi/Bluetoothチップの部品ナンバーが「RV KM1721006」と新しくなっているだけで、パーツの配置などを含め大きな変化は無いようです。

DFhFlBKCdC2KouG3.jpg
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。