Mac向けマルウェアがOSの定義ファイル更新機能を無効化する機能を搭載

ITmediaによると、Macに感染するマルウェア「Flashback」の亜種が、Mac OS Xに組み込まれているウイルス対策アプリケーションの自動更新を無効化する機能を持つことが分かったとセキュリティ企業のF-Secureが報告しているそうです。
現在、Mac OS Xには自動で定義ファイルを更新するウイルス対策アプリケーションが組み込まれていますが、「Flashback.C」というマルウェアの亜種はこの自動定義ファイル更新機能を無効化するようです。

flash_player_trojan.jpg
「Flashback」はFlash Playerのインストーラに見せかけてMacに感染するマルウェアで、Appleも何らかの対応をしてくると思いますが念のためご注意を。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事