スタンフォード大学で行われたジョブズ氏の追悼式の出席者リスト

9 to 5 Macによると、Fortuneが現地時間の10月16日(日)にスタンフォード大学で招待制で行われた故スティーブ・ジョブズ氏の追悼式の出席者のリストを公開しているそうです。

MK-BP807_MERORI_G_20111017000850.jpg (スタンフォード大学記念教会 / Photo by WSJ)
そのリストが下記の通りですが、あくまで一部であり出席者は他にも多数いるようです。
 ・ティム・アレン (俳優)
 ・ジョーン・バエズ (フォークシンガー)
 ・ボノ (U2)
 ・ビル・キャンベル (Intuitの会長)
 ・ビル・クリントン (元米大統領)
 ・ロン・コンウェイ (エンジェル投資家)
 ・ティム・クック (AppleのCEO)
 ・マイケル・デル (DellのCEO)
 ・ラーム・エマニュエル (シカゴ市長)
 ・ラリー・エリソン (OracleのCEO)
 ・スコット・フォーストール (AppleのiPhoneソフトウェア担当上級副社長)
 ・スティーヴン・フライ (俳優)
 ・ビル・ゲイツ (Microsoftの会長)
 ・チャールズ・ゲシキ (Adobeの共同創設者)
 ・アル・ゴア (元米副大統領)
 ・ジョン・ラセター (Pixarのチーフ・クリエイティブ・オフィサー)
 ・ジョン・ミラー (News Corp.のチーフ・テクニカル・オフィサー)
 ・ルパート・マードック (News Corp.のCEO)
 ・ラリー・ペイジ (GoogleのCEO)
 ・マリア・シュライバー (カリフォルニア州知事の妻)
 ・ラリー・ソンシニ (シリコンバレーの弁護士)
 ・ジョン・ワーノック (Adobeの共同創設者)
 ・孫正義 (SoftBank社長) ※via.Twitter
【関連エントリ】
 ・スタンフォード大学でのジョブズ氏の追悼式にSamsungの社長も出席
 ・Apple、16日にスタンフォード大学でジョブズ氏の追悼式を開催へ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事