MacBookシリーズのアルミケースを供給しているCatcher Technologyが、環境問題により工場の一時閉鎖を発表

TWNによると、AppleのMacBook ProやMacBook Air向けアルミ製ケースの主要供給元である中国のCatcher Technologyが、環境問題により蘇州にある製造工場の稼働を一時的に停止する事を発表したそうです。

macbookcase.jpg
その理由は、周辺住民より同工場からの臭いに関する苦情があり、その事から中国の監査機関により操業停止を命令された為だそうです。
これによりAppleや他のノートPCベンダーの製品供給や販売に影響があるものとみられていますが、操業停止は長引かないようで、今月末までにも監査機関より改善策の承認が得られるものと予想されています。
なお、同社はApple以外にもSonyやDell、Lenovoなどにも金属製ケースを供給しているようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事