「iPhone 4S」のA5プロセッサは"800MHz"でメモリは"512MB"

MacRumorsによると、「iPhone 4S」のGeekbenchのベンチマークスコアやスペックが明らかになったようです。
「iPhone 4S」のベンチマークやスペックはGeekbenchのサイトで”iPhone4,1″で検索するといくつか出てきますが、「iPhone 4S」のスペックは下記の通りで、A5プロセッサのクロック数は800MHzとなっており、メモリもやはり512MBになる模様。

4sbench.png
また、「iPhone 4S」のベンチマークスコアは”622″ほどで、「iPad 2」が”749″、「iPhone 4」が”370″となっているようで、「iPhone 4S」は「iPhone 4」に比べ約68%速くなっているようです。
なお、私自身は家で1GHzのA4プロセッサと256MBのメモリを搭載した初代iPadに「iOS 5 GM」をインストールして使用していますが、今のところ普通に使っている分には特にパワー不足とかは感じないです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事