あの"寿司"写真は「iPhone 4S」で撮影されたものだった

9月初めに次期iPhoneの800万画素カメラで撮影されたという”寿司”写真が明らかになりましたが、MacRumorsによると、本日発表された「iPhone 4S」のカメラのスペックから、この”寿司”写真が「iPhone 4S」で撮影されたものである事が分かったそうです。

iPhone-5-Photo-Small.jpg
(上記画像は縮小しています。実際の画像はこちら)

“寿司”写真のEXIFデータによると、写真の解像度は”3264×2448″、焦点距離は”4.3mm”、絞りは”f/2.4″となっており、「iPhone 4S」のカメラのスペックとまったく同じ値になっています。
【関連エントリ】
 ・「iPhone 5」の800万画素カメラで撮影された写真?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。