「Windows 8」の起動時間は「7」と比較して30〜70%高速化

ITmediaによると、米Microsoftが「Building Windows 8」にて、「Windows 8」には起動時間を高速化する新方式を導入する事を明らかにしたそうです。

windows8logo.png
「Windows 8」にはコールドスタート(完全にシャットダウンした状態からの起動)とハイバネーション(休止状態)の中間のような起動方法を取り入れることで、Windows 7をコールドスタートさせるのと比べ30~70%高速化しているそうです。
この新方式では、停止時にユーザーセッションはクローズするが、OSのカーネルセッションはハイバーネーションしてHDDに格納しておくことで、ユーザーセッションで多数のアプリケーションが利用されている状態に比べるとハイバネーションで格納するデータは小さくて済み、カーネルセッションをハイバネーションしておくことでシステムをフルに初期化するコールドスタートに比べ次回起動時に高速なブートが可能になるそうです。
なお、詳細は引用元のITmediaへどうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事