「iPhone 5」の生産が本格的に始まった模様

cdma iphone.jpgDigiTimesが、業界筋によると、台湾の「iPhone 5」のサプライチェーンのサプライヤーは、最近になって「iPhone 5」向けパーツなどの生産を加速させているようだと報じています。
組み立てを請け負うFoxconnの生産量は1日当たり150,000台に達しているようで、レンズメーカーのLargan Precision、タッチパネルメーカーのTPK Holding、強化ガラスのサプライヤーであるG-Tech Optoelectronics、バッテリーベンダーのSimploとDynapackなどはフル生産を行っているようです。
サプライチェーンからの「iPhone 5」の9月の出荷台数は500〜600万台に達するようで、2011年第4四半期には2,200万台以上の「iPhone」が出荷される見込みとのこと。
なお、AppleはFoxconnとは別にPegatron Technologyにも「iPhone 5」の全生産量の約15%ほどを発注しているものの、来年まで出荷を開始しないかもしれないそうです。
ちなみに、先日にMacお宝鑑定団Blogさんも同様の事を伝えていたので、信憑性は高そうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事