AAC Technologiesが次期iPhoneや次期iPad向けに部品を供給へ

ipad3mockup.gifApple Isndierによると、中国のAAC Technologies HoldingsのCFOであるRichard Mok氏が、同社がAppleの次期iPhone向けコンポーネントのサプライヤーのうちの1社であることを明らかにしたそうです。
Richard Mok氏は他にも同社が先月より「iPad 2」向けスピーカー部品の出荷を開始しており、次期iPad向けのコンポーネントを出荷する準備が出来ている事も明らかにしたそうです。
なお、同氏は次期iPadのリリース時期については何も述べなかったそうです。
ちなみに同社は、携帯電話やゲーム機などに使用されるスピーカーやマイクなどの超小型音響部品を製造しているようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。