MS、WPC 2011で一部のWindows Phone "Mango"端末を発表

Neowin.netWinRumorsなどによると、Microsoftが開催中のWPC 2011でWindows Phone “Mango”を搭載した新しい端末を公開したそうです。
今回発表された新端末はAcer、ZTE、富士通、Samsungの端末で、その模様を撮影したビデオが下記動画です。
なお、ビデオ内に4つのモデルが出てきますが、台の上に置かれている端末のうち一番左が”Acer”、真ん中が”富士通”、一番右が”ZTE”の端末となっており、最後に手に持って紹介されているのがSamsung製の端末になります。

まず富士通製の端末は防水と高機能なカメラが特徴となるようで、Samsung製の端末はかなり薄く、フロントカメラを搭載しています。
また、MicrosoftはWindows Phone Marketplaceで利用可能なアプリ数は22,000本である事も明らかにしたそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。