iOS 5 beta 2を搭載したiPhone 4に接続したDockケーブルが発火

Cult of Macによると、iOS 5 beta 2を搭載したiPhone 4でソフトウェアのテストをしていたデベロッパのGus Pintoという方が、iPhone 4に接続していたDockケーブルが突然発火したとTwitterで報告しているそうです。

Cable.jpg

なお、Gus Pinto氏はiPhone 4に火が広まる前に消したので家やiPhone 4は無傷だったそうです。
これがiOS 5 betaのソフトウェアが問題なのか、iPhoneもしくはDockケーブルに問題があったのかは不明ですが、先日にもiOS 5 betaを搭載したiPadがオーバーヒートを起こす不具合の報告もあったので、ちょっと心配ですね。
【関連エントリ】
 ・「iOS 5 beta」をインストールした初代iPadがオーバーヒート

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。