明後日に宇宙へ行く「iPhone 4」は改造されている

先月に現地時間の7月8日に予定されているスペースシャトル・アトランティスによる追加ミッション「STS-135」で「iPhone 4」が宇宙ステーションへ行くようだとお伝えしましたが、Macworld UKによると、宇宙ステーションでは「iPhone 4」の3軸ジャイロスコープや加速度センサーやカメラを利用して様々な実験が行われるようです。

080208.jpeg
(Photo by NASA)

また、宇宙へ行く「iPhone 4」は改造されているようで、全ての無線通信が無効にされており、内蔵バッテリーも取り外され、公認された外部バッテリーパックが使用されるとのこと。
なお、スペースシャトル「アトランティス」の発射予定時刻は米東部時間8日午前11時26分(日本時間9日午前0時26分)となっており、この「iPhone 4」が地球に帰って来るのは今秋に予定されているロシアのソユーズでのミッションになる模様。
【関連エントリ】
 ・「iPhone 4」が来月に国際宇宙ステーションへ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。