「Growl 1.3」はOS X Lionをサポートし、Mac App Storeでリリースへ

growl imgres.jpgMacではお馴染みの様々なアプリケーションの情報をデスクトップに表示してくれるツール「Growl」ですが、MacStoriesによると、「Growl」の次期バージョンである「Growl 1.3」はOS X Lionのサポートと共にコードが完全に描き直されるようです。
また、「Growl 1.3」のリリースはMac App Storeを通して行われるようで、Appleの承認をパスする為にGrowl MailやGrowl Safariのサポートやハックに対するサポートなどが取り除かれるようです。
なお、「Growl 1.3」のリリース時期はLionの一般向けリリースから数ヶ月以内とみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。