「iPad 2」に使用されなかった9.7インチIPSパネルは中国のホワイトボックスベンダーが再利用か?!

ipad20220ss1mini.jpgDigiTimesが、台湾の業界筋によると、Appleの厳しい規格に合わずに「iPad 2」に使用されなかった9.7インチIPSパネルは、中国のホワイトボックスベンダーによって自社の9.7インチタブレット型パソコンに利用されているかもしれないと伝えています。
情報筋によると、LG DisplayとSamsungが「iPad 2」向けIPSパネルの主要なサプライヤーであり、2011年第2四半期の「iPad 2」の出荷台数は700〜900万台で、LGとSamsungが同四半期に出荷した9.7インチIPSパネルの台数は1200〜1500万台と言われている事から、Appleの使用量と両社の出荷量に大きなギャップがあるようで、Appleの「iPad 2」に使用されなかったパネルの一部は中国のホワイトボックスベンダーのAndroidタブレットなどに使用されているものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事