「iOS 5 beta」をインストールした初代iPadがオーバーヒート

ios5 logo.jpgMacworldによると、「iOS 5 beta」をインストールした初代iPadがオーバーヒートを起こす問題が報告されているそうです。
実際にオーバーヒートを起こしたユーザーがApple Retail Storeに持ち込んだところ、スタッフは既知の問題である事を明らかにしたそうで、オーバーヒートを起こしたiPadのWi-Fiチップは動作しなくなり、スクリーン温度は摂氏65度まで熱くなっていたそうです。
なお、Appleはこの件に関してノーコメントだったそうで、実際にどのくらいの割合で発生するのかは不明です。
ちなみにウチのiPadは今のところそういった問題は出ていません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事