Intel、「Light Peak」がまもなく市場に登場する事を示唆

electronistaによると、Intelが光伝送インタフェースの「Light Peak」が既に製品で使われる準備が出来ていることを現地時間の金曜日に行われたIDG News Serviceのインタビューにて明らかにしたそうです。
これはIntelのアーキテクチャグループのバイスプレジデントであるDavid Perlmutter氏が明らかにしたもので、12月にあった情報通り当初は高価な光ファイバーではなく銅回線を使用したものになるようで、転送速度は10Gbps(USB 3.0は5Gbps)になるとのこと。
David Perlmutter氏は「銅回線は非常に良く、当初考えていたよりも驚くほど良い状態だ」と述べたそうですが、出荷時期に関してはデバイスメーカー次第の為、発売時期に関してはコメントするのを断ったそうです。
なお、IntelはSONYやAppleからの支持を取り付けていて、両社が同技術の初期ユーザーになると見られており、2011年前半の中でも割合早い時期に登場する可能性が高いと予想されています。
【引用元】
 ・ZDNet Japan

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。