「Mac App Store」は10〜50ドルのアプリが多い

9 to 5 Macによると、昨晩にオープンしたMac App Storeのアプリに関する情報をTUAWが公開しているそうです。
まず下記グラフがカテゴリ別のアプリ数を表したもので、上からゲーム、ユーティリティー、仕事効率化、エンターテインメント、教育、ビジネス、ミュージック、写真、その他となっており、iOSと同じくゲームが一番多くなっています。

app-store-popularity-contest.jpg

次はアプリの価格帯別の本数を表したグラフで、10〜50ドルまでの価格帯のアプリが多いようです。

app-store-pricing.jpg
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。