Windows 8はタブレット向けにタイル状のUIを搭載か?!

ms_vistaflag.gifSoftpediaが、伝えられるところによると、Windows 8は「Mosh」というコードネームの新しいグラフィカルユーザーインターフェイスと「Jupiter」というコードネームの新しいアプリケーションモデルが特徴となるだろうと伝えています。
これはWinSupersiteのPaul Thurrott氏が明らかにしたもので、未確認情報であるものの、Paul Thurrott氏は本当だと信じているとのこと。
まず「Mosh」は、新しいタイルベースのユーザーインターフェイスであり、ローエンドのタブレットのようなデバイス向けのUIと予想されています。
次に「Jupiter」は、新しいWindows Marketplace app storeを目指した新しいアプリケーションモデルであり、WindowsとOfficeのチームはこのアプリケーションモデルに賭けているとのこと。
なお、以前にWindows 8はコードネーム”Wind”と呼ばれる新しいグラフィカルユーザーインターフェイスが特徴になるようだとの情報もありましたし、Windows 8のUIがどういったものになるのかが気になりますね。
【関連エントリ】
 ・Windows 8の開発は”Milestone 2″の段階
 ・「Windows 8」の開発はまだ初期段階
 ・MS、Windows 8には”Wind”と呼ばれる新UIを採用か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事