WWDCでMac OSX 10.6のアーリービルドも配布?!

leopard_box_125.jpgTUAWによると、AppleがWWDCで次期OSことMac OSX 10.6のアーリービルドをデベロッパへ配布するかもしれないといった情報があるそうです。
10.6には特にこれといった新しい特徴は搭載されず、主にセキュリティと安定性に焦点を合わせるだろうとのこと。
また、Mac OSX 10.6は2008年12月にはゴールドマスターに達するとみられ、2009年1月に開催されるMacworld Expoでリリースされる可能性があるそうで、今回からはPowerPCはサポートされない模様。
Leopardがリリースされてから半年とちょっと過ぎたトコですが、本当なんでしょうか…。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。