3D Touchを使ってマルチタスク(アプリの切り替え)画面を表示する機能、「iOS 11.x」で復活予定

「iOS 11」では3D Touchを利用してマルチタスク(アプリの切り替え)画面を表示できる機能が削除されているのですが、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏が、将来のアップデートで同機能を復活させる予定であることを明らかにしました。

これはMacRumorsの読者のAdam Zahn氏が、Appleに対しメールで同機能をオプションで利用可能にすることは出来ないのか問い合わせたところ、クレイグ・フェデリギ氏より、『技術的な制約があり同機能を一時的に削除しなければならなかったものの、「iOS 11.x」で戻す予定です』との回答が届いたそうです。

同機能は「iOS 10」以降を搭載した3D Touch対応機種で、画面の左端を強タップすることでマルチタスク(アプリの切り替え)画面を素早く表示できる機能ですが、「iOS 11」では同機能が削除されており、Appleは過去に意図的に削除した事を明らかにしています。

4 COMMENTS

匿名

AssistiveTouchの強タップでもできるようになったけどね

匿名

Apple Watchのミュージックアプリも元の仕様に戻してほしい

匿名

でもあれ結構力入れないと反応しないから微妙。

現在コメントは受け付けておりません。