Apple、「iPhone X」を発表

本日、Appleが、新型「iPhone」こと「iPhone X(アイフォーンテン)」を正式に発表しました。


本体デザインはベゼルレス化され、カラーラインナップはスペースグレイとシルバーの2色が用意され、ディスプレイには有機ELを採用した5.8インチのSuper Retinaディスプレイ(2436×1125ピクセル/458ppi)を搭載しています。

ディスプレイをタップする事で「iPhone」の画面を点灯させる事が可能な他、ホームボタンが廃止されたことから操作方法が少し変更されており、ディスプレイを下から上にスワイプするとホーム画面に戻ることが可能となっています。

「Siri」については大型化されたサイドボタンを長押しすることで起動可能。

また、顔認証機能の「Face ID」を搭載し、「iPhone」を見るだけでロックが解除される仕組みとなっており、髪型を変えたり、眼鏡をかけたり、帽子を被っても認識し、歳を取っても認識するようになっている他、写真などでは認証されないようになっています。

「Face ID」はロック解除以外にも「Apple Pay」にも利用可能な他、「1Password」などでも利用可能。

更に、顔認証機能を利用した「Animoji」が「iMessage」で利用可能で、同機能は顔の表情を読み取り、アニメーション絵文字として送信可能です。

メインカメラは1200万画素のデュアルレンズカメラを採用し、画質や処理性能が向上しており、クアッドLEDのTrue Toneフラッシュが搭載されています。

フロントカメラでもポートレートモードが利用可能に。

「iPhone 8」シリーズと同じ6コア(2コア+4コア)の「A11 Bionic」チップを搭載し、バッテリー駆動時間は「iPhone 7」に比べ2時間延びており、Qi規格のワイヤレス充電にも対応しています。

ストレージ容量は64GBと256GBの2モデル。

「iPhone X」の価格は999ドルからで、予約受付は10月27日から開始され、11月3日に発売予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で