「iPhone X」と「iPhone 8」とみられるデバイスがベンチマークアプリのデータベースに登場

発表イベントまで残り僅かですが、ベンチマークアプリ「GeekBench」と「Antutu」のデータベースに「iPhone X」と「iPhone 8」とみられるデバイスの情報が登場している事が分かりました。



まず、GeekBenchのデータベースに登場したのは「iPhone X」とみられるデバイスで、機種IDは「iPhone10,5」で、6コアプロセッサと3GBのRAMを搭載しています。



また、ベンチマークスコアはシングルコアが4061点、マルチコアが9959点となっており、「iPhone 7」に搭載されている4コアの「A10 Fusion」チップよりもマルチコア性能が劇的に向上しています。

 シングルコアマルチコア
A11(iPhone X9)40619959
A10 Fusion(iPhone 7)34005500
A9(iPhone 6s)23004000
A8(iPhone 6)14002400

次に、「Antutu」のデータベースに登場したのは「iPhone10,4」という機種IDのモデルで、「A11」チップを搭載しているものの、ディスプレイ解像度やRAM、ストレージの仕様から「iPhone 7」の後継モデルである「iPhone 8」のものとみられており、これが本物であれば「iPhone 8」はRAMやストレージの容量は「iPhone 7」から変わりないことが分かります。



ただ、これらベンチマークアプリの情報は意図的に書き換えられた偽データである可能性もあるので注意が必要です。


[via PhoneArena, /LEAKS

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で