音楽配信サービス「Spotify」、「Safari」のサポートを中止していた事が明らかに

ITmediaによると、定額制音楽配信サービスの「Spotify」が、Appleのウェブブラウザ「Safari」をサポートしなくなっている事が分かりました。


これはユーザーからの報告で明らかになったもので、Spotifyのサポートから「最近のSafariのアップデートの結果、SafariはWeb Playerのサポートブラウザではなくなりました。(中略)特定の機能が復活するかどうか、するとしたらいつになるのかを言うことはできません」との回答を貰ったそうです。

現在、「Safari」でWeb Playerを利用しようとすると警告文が表示されるようになっており、Macで「Spotify」を使用する場合、Mac向け公式アプリか他のウェブブラウザを利用するしかないのが現状です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で