「iPhone 8」、画面の縦長化とホームインジケーターバーの採用によりキーボードの配列も一部変更へ

本日、「iPhone 8」の分割ステータスバーがどのように表示されるかを紹介しましたが、その後、開発者のSteven Troughton-Smith氏(@stroughtonsmith)が、「iPhone 8」ではキーボードがどのように表示されるかを確認し、そのスクリーンショットを公開しています。


「iPhone 8」はベゼルレスとホームボタンの廃止により画面はより縦長になりますが、キーボードは下記画像のように言語切り替えキーや音声入力キーはキーボードの下部に別途表示されるようになり、その間の空白部分にホームボタンの代わりに搭載されるホームインジケーターバーが表示されるものと予想されます。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で