「iPhone 8」のフロントパネルは全てのモデルが黒色に??

Apple関連の情報では定評のあるKGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏が、「iPhone 8」に搭載される新しいセンサーに関する情報を公開しています。


同氏の報告によると、「iPhone 8」のディスプレイ上部には構造化された光送信モジュールと光受信モジュールが新たに搭載される他、これまでと同じ近接センサーや環境光センサー、フロントカメラが搭載されるそうです。

光送信モジュールは、アクティブアライメント装置、フィルタ、回折光学素子などの6つの部品で構成され、受光モジュールは、IRレンズ、フィルタ、CIS、CMOSイメージセンサ(1.4MP)といった4つの部品で構成されており、この2つのモジュールの組み合わせで奥行きに関する情報を集め、フロントカメラからの2D画像データと統合して完全な3D画像を構築するために使用されるそうです。

また、これら2つのモジュールが正常に動作する範囲(50〜100㎝程度と予想)をユーザーに正しく知らせる為に、近接センサーが使用されるものとみられています。


他にも、有機ELディスプレイを搭載した「iPhone 8」は、全てのカラーモデル(ホワイト、ブラック、ゴールド)でフロントガラスにブラックコーティングが施されているとも報告しており、「iPhone 5c」以来、久々にホワイトモデルもブラックのフロントパネルが採用される「iPhone」になるとのこと。


[via 9To5Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で