Apple、「Safari Technology Preview 39a」をリリース

本日、Appleが、「Safari Technology Preview 39a」をリリースしました。

SafariTechologyPreviewTNW-1100x550
実は昨日に「Safari Technology Preview 39」がリリースされていたものの、macOS High Sierraを使用するユーザーからクラッシュする不具合が報告されていたので、当ブログではリリースされた事を伝えていなかったのですが、本日リリースされた「Safari Technology Preview 39a」ではそのクラッシュ問題が修正されています。

今バージョンでは、Fetch API、JavaScript、メディア、WebRTC、Web Inspector、WebDriver、Beacon APIに関する修正と改善が含まれています。

なお、「Safari Technology Preview」は、「Safari」に将来的に導入される機能の早期の評価を目的として公開されているもので、ダウンロードはこちらから可能で、既に旧バージョンをインストール済みの方はMac App Storeよりアップデート可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で