「LINE Pay」、11月下旬より本人確認なしで「送金」が可能に

本日、LINEが、11月下旬からおサイフサービス『LINE Pay』で誰でも「送金」ができるようになることを案内しています。


これまでは銀行口座の登録や身分証のアップロードなど、本人確認の手続きをしないとできなかった「送金」ですが、本人確認をしなくても「送金」機能が利用できるようになるとのこと。

送金の方法は4種類用意されており、詳細は下記の通り。

ポチ送金 ~LINEの友だちに送金する~

ポチ送金とは、LINEの友だちにLINE Pay残高を送る機能で、これまでは本人確認をしないと送金を行うことができなかったのですが、リニューアル後は、本人確認をしなくても自分の残高から友だちの残高に送ることが可能になり、送金はLINE Payのメイン画面もしくは、トークルームから利用可能です。

なお、送金できるのは1日合計10万円まで。

送金依頼

友だちに送金を依頼する機能で、好きなメッセージカードを選んで依頼できるので、LINEメッセージを送るような感覚で、送金希望を伝えることが可能。

送金依頼できる金額は1回10万円で、一度に送金依頼できるのは最大200名までとなります。

割り勘

飲み代やプレゼント代などを割り勘する機能で、ポチ送金機能を使って送金することで、本人確認していないユーザーであっても、割り勘の際、気軽に「LINE Pay」で送金することが可能。

現金送金 ~本人確認をしている友だちに送金する~

現金送金とは、出金可能な残高を送金する方法で、本人確認済みの利用者間で利用可能です。

LINE Payメイン画面から送ることができ、LINE Payを登録していない友だちや自分がブロックしている友だち、LINEに電話番号を登録していない友だちには送金出来ず、送金できるのは1日合計10万円まで。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で