Misfitの新型スマートウォッチ「Vapor」、発売は10月にずれ込む模様

今年1月、Misfitが新型スマートウォッチ「Misfit Vapor」を発表しましたが、同製品の発売は10月になる事が分かりました。

th_ss-2017-01-06-0-40-28
Engadgetによると、同社は当初今夏後半に「Misfit Vapor」を発売する予定だったものの、その後延期され、現時点では10月に発売予定とのこと。

「Misfit Vapor」は、1.4インチのタッチパネル式AMOLEDディスプレイに加え、GPSや光学式心拍センサー、QualcommのSnapdragon Wear 2100プロセッサ、4GBのストレージなどを搭載し、単体でワイヤレス音楽プレーヤーとしても利用可能で、バッテリー駆動時間は2日間となっています。

また、ベゼル部分もタッチ操作に対応したタッチベゼルが搭載されているのが特徴で、タッチホイールのような操作が可能。本体はステンレス製で、バンドは交換可能となっており、OSには「Android Wear」が採用されています。

なお、現在のところ日本では未発表で、いつ頃に日本に投入されるのかは不明です。

 ・公式サイト (英語版でしか閲覧出来ません)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で