将来的に「Apple Watch」でより多くの種目のワークアウトが利用可能に?? ー 「iOS 11 beta」から多数のアイコン画像が見つかる

今月初め、「HomePod」のファームウェアから将来的に「Apple Watch」のワークアウトに「スキー」が追加されることを示唆するヒントが見つかったことをお伝えしましたが、iHelp BRによると、「iOS 11 beta」のシステムファイル内から、今度は「Apple Watch」向けワークアウトの未発表種目に関するアイコン画像が多数見つかったことが分かりました。



新たに見つかったワークアウトは下記の通りで、既にコードが見つかっていた「スキー」や「ダウンヒルスキー」などの他に多数のワークアウトに関するアイコン画像が見つかっています。

・バスケットボール
・バドミントン
・ボーリング
・バレエ
・野球
・ボクシング
・クライミング
・コアトレーニング
・クリケット
・クロスカントリースキー
・クロストレーニング
・カーリング
・サイクリング
・ダンス/ダンス系トレーニング
・ダウンヒルスキー
・フェンシング
・釣り
・柔軟体操
・アメリカンフットボール
・ファンクショナル・トレーニング
・ゴルフ
・体操
・セーリング
・スキー
・スケート
・パドルスポーツ
・ピラティス
・縄跳び
・キックボクシング
・ラクロス
・サーフィン
・ステップトレーニング


現在のところ「watchOS 4 beta」を搭載した「Apple Watch」ではこれらワークアウトは利用出来ず、「watchOS 4」の正式リリースと共に利用可能になるのか、噂されている新型「Apple Watch」でのみ利用可能なのかは不明です。

なお、iHelp BRには多数の画像が掲載されているので、是非ご覧下さい。


[via 9To5Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で