「iOS 11」の「Safari」、Google AMP対応ページを共有する際に元のURLに戻す仕様に

Apple Insiderによると、「iOS 11」では「Safari」でGoogle AMPに対応したウェブページを共有した際に、ページのURLを元の形式に戻して共有されるようになる事が分かりました。


「Google AMP(Accelerated Mobile Pages)」は、モバイル向けページを高速に表示させるための仕組みで、多数のメディアやブログなどで採用されており、現在の「iOS 10」の「Safari」でAMPページを共有した場合は、AMPに対応したURLのまま共有することが可能ですが、これが「iOS 11」では自動的に通常のURLに戻して共有されるようになるとのこと。

これは「iOS 11 beta 7」から明らかになったもので、AMPページをiMessageやリーディングリストに共有する際に、「iOS 11」の「Safari」はURLからAMP独自のURLを削除してくれるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で