「iPhone 7s」の詳細な寸法が明らかに?? ー 「iPhone 7」より僅かに大きくなる模様

次期「iPhone」シリーズは有機ELを搭載しベゼルレスになった「iPhone 8」と「iPhone 7/7 Plus」のアップグレード版である「iPhone 7s/7s Plus」が用意され、全てのモデルでガラス製リアパネルが採用されると言われていますが、ドイツのGiga Appleが、信頼出来る情報筋から入手したという「iPhone 7s」の本体サイズに関する情報を公開しています。


これまでに流出している情報でも「iPhone 7s」は「iPhone 7」と同じ4.7インチディスプレイを採用するものの、僅かに大きくと言われてきましたが、今回明らかになった情報でも「iPhone 7s」は「iPhone 7」に比べ僅かに大きくなる事が分かります。

両モデルの寸法の詳細は下記の通りで、高さが0.33㎜、横幅が0.13㎜大きくなり、厚みは0.11㎜厚くなる模様。

・iPhone 7:138.31 × 67.14 × 7.1mm
・iPhone 7s:138.44 × 67.27 × 7.21mm

Appleは過去に「iPhone 6」から「iPhone 6s」へのモデルチェンジの際も3D Touchの感圧ディスプレイ搭載の為に本体サイズを僅かに大きくした経緯があり、今回の本体サイズの変更はワイヤレス充電を搭載するためガラス製リアパネルを採用した事が要因と予想されています。

なお、次期「iPhone」シリーズの名称については「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、「iPhone 8 Edition」になるとの予測もあります。


[via 9To5Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で