「iPhone 8」のカメラはリア/フロント共に4K/60fpsでの動画撮影に対応か

ここ数日、「HomePod」のファームウェアから様々な情報が明らかになっていますが、今度は「iPhone 8」のカメラは4K/60fpsでの動画撮影に対応するかもしれない事が分かりました。


「HomePod」のファームウェア内に4K/60fpsでの動画撮影に対応する事を示唆する記述が見つかっており、リアカメラだけでなく、フロントカメラでも4K/60fps撮影に対応する模様。

現行モデルである「iPhone 7」シリーズのリアカメラでも4K動画撮影は可能なものの、フレームレートは30fpsとなっており、フレームレートの数値が高いほど動きが滑らかな映像が撮影可能です。


[via MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で