「iPhone 7s/7s Plus」のみ年内発売で、「iPhone 8」は来年以降になる可能性も

本日、Macお宝鑑定団Blogが、今年9月に発表される次期iPhoneは、サイズが若干大きくなった「iPhone 7s」と、サイズが「iPhone 7 Plus」と変わらない「iPhone 7s Plus」の2種類になる可能性が高そうだと報じています。


「iPhone 7s/7s Plus」は、背面に2.5Dガラスを採用しつつも、帝国インキ製造などのインクコーティング技術を使い、「iPhone 4」の時と同じように裏側からカラー印刷されていると考えられ、背面にガラスが採用される理由はワイヤレス充電に対応するためとみられています。

また、予てから噂されているプレミアムモデルの「iPhone 8」については、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が量産時期が10〜11月になると予想していることから、発売は2018年以降になる可能性が高いのではないかと予想しています。

なお、「iPhone 8」用のケースやガラスフィルムを販売するメーカーに問い合わせたところ、どこも量産を開始しているメーカーはなく、「iPhone 8」は、最初から2017年9月発表を目標に開発されていないのではないかと予想しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で