これが「iPhone 8」の最終デザイン??

ForbesのGordon Kelly氏が、ケースメーカーのNodusの協力を受け、「iPhone 8」の最終デザインとされるレンダリング画像や詳しい情報を公開しています。


同氏とNodusは先週にも「iPhone 8」の最終デザインとされるレンダリング画像を公開していたのですが、今回はより詳しい情報と共にレンダリング画像も少し変更されています。

今回の情報を簡単にまとめると下記の通り。

・縦長の5.8インチディスプレイを搭載し、ベゼルは約4㎜に
・背面のデュアルカメラは縦並びに
・画面上部にはFaceTimeカメラや受話スピーカー、センサーなどが搭載され、その両端に電波状況やバッテリー残量などが表示される


・3.5㎜イヤフォンジャックは引き続き非搭載


・電源ボタンは少し大型化されるが、Touch IDの搭載箇所は不明


・新しいL字型バッテリーを搭載し、バッテリー駆動時間が大幅に向上
・ストレージ容量は128GB/256GBになるとの情報があるが、確たる証拠は無し
・価格は1,100〜1,200ドル(約12.2万円〜13.3万円)に


なお、同氏は本体背面にTouch IDが搭載されるプランは採用されないと述べており、Appleが過去に試作機の1つとしてTouch IDを背面に搭載することを検討していた時期があった可能性はゼロではないですが、ここ最近出回っている背面にTouch ID搭載用の穴が開いた筐体などは全てクローン(偽物)のものとなっています。

「iPhone 8」に関するこれまでの情報で未だに二転三転しているのはTouch IDの搭載箇所についてですが、デザインを損なわずに搭載出来る箇所としては、ディスプレイへの統合、電源ボタンへの内蔵、背面のAppleロゴへの内蔵しかなさそうな気がしますが、一体どうなるのでしょうか。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で