Microsoft、「Windows 10 Fall Creators Update」で削除や非推奨となる機能の一覧を公開

Microsoftは「Windows 10」向けの次期大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」を9月にリリース予定ですが、同社が「Windows 10 Fall Creators Update」で削除もしくは非推奨となる機能の一覧を公開しています。


公開されたサポートドキュメントでは、「Windows 10 Fall Creators Update」で削除される機能(Removed)と、開発が終了しており将来的に削除される可能性がある機能(Deprecated/非推奨)を案内しています。

削除と案内されている機能の中でも「3D Builder app」は「Print 3D」と「Paint 3D」へ、「Reader app」と「Reading List」は「Microsoft Edge」へと引き継ぎもしくは統合される機能もあります。

また、「Outlook Express」については、機能しないレガシーコードを含んでいることから削除になるとのこと。

なお、詳細はこちらのページをご覧下さい。
(現在は英語表記のみですが、近い将来に日本語化されるものと予想されます)


[via SlashGear

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で