KDDI、今夏にスマホの主要プランの月額料金を2割程度値下げへ

本日、日本経済新聞が、 KDDI(au)はスマートフォンの主要プランの月額料金を、今夏中に1500円前後引き下げる方針を固めたようだと報じています。


下げ幅は2割程度で、携帯大手の値下げで過去最大規模となっており、高止まりする携帯料金を一気に引き下げ、格安スマホへの流出に歯止めをかけたい意向のようです。

値下げは大半の利用者が対象で、これによりNTTドコモとソフトバンクも対抗値下げを迫られるものとみられています。

なお、KDDIは、7月10日に「au発表会 2017 Summer 第2弾」を開催する予定ですが、早ければこのイベントで何らかの発表が行われるものと予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で