新型「iPhone」シリーズ向けのNANDフラッシュが供給不足に

本日、DigiTimesが、業界筋の話として、SK Hynixと東芝の3D NANDフラッシュ技術の歩留まり率が予想を下回っていることから、今年発売される新型「iPhone」シリーズの供給が少なくなるようだと報じています。


新型「iPhone」向けNANDフラッシュチップの供給は需要を30%も下回っており、Samsungは3D NANDフラッシュ技術の歩留まりが比較的安定していて生産を拡大している事から、Appleは「iPhone」向けNANDチップの供給を増やすようSamsungに要求しているようです。

なお、3D NANDは従来のNANDフラッシュメモリを3次元(3D、立体)構造にしたもので、従来のNANDを積層して面積当たりの容量を増やし、製品容量を増加させようとして開発された技術となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で