10.5インチ版「iPad Pro」用ケースと9.7インチ版「iPad Pro」との大きさ比較 ー ケースから予測した本体サイズも

Appleは6月に開催する「WWDC 2017」で10.5インチ版「iPad Pro」を発表すると噂されていますが、9To5Macが、10.5インチ版「iPad Pro」用のサードパーティ製ケースのハンズオン記事を公開しています。



記事ではケースの外観チェックから9.7インチ版「iPad Pro」との大きさ比較が行われており、まず、外観デザインではマイクの位置がiSightカメラ横から背面の中央上部へと移動しています。



また、このケースから10.5インチ版「iPad Pro」の本体サイズを推測した結果が下記画像の通りで、高さは約257㎜、横幅は約179㎜、厚みは約6.4㎜となっています。



最後は9.7インチ版「iPad Pro」やケースとの大きさ比較で、9.7インチ版「iPad Pro」よりも一回り大きくなっている事が分かります。



なお、9To5Macには他にも複数の写真が掲載されているので、是非ご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で