ティム・クックCEO自ら「Apple Watch」と連携する血糖値測定デバイスをテスト中

以前より次期「Apple Watch」には血糖値測定センサーが搭載されるとの噂がありますが、本日、CNBCが、情報筋の話として、Appleはサンフランシスコのベイエリアで血糖値モニターの実現可能性試験を行っているようだと報じています。

また、ティム・クックCEOが、Apple Watchに接続されたプロトタイプの血糖値モニターを使用している姿が同社本社キャンパス内で目撃されているそうです。

ティム・クックCEOもCNBCのインタビューの中で、数週間ずっと血糖値モニターをつけていた事を明らかにしており、Appleが血糖値の測定に関する開発やテストを実施している事は確実のようですが、血糖値測定機能が次期「Apple Watch」に間に合うのかや、「Apple Watch」本体に内蔵されるのか、別途アクセサリとして販売されるのかは不明です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。