「iPhone 8」には「AirPods」が同梱されるとの予想が登場

9To5Macによると、JPMorganのアナリストが、現在までに分かっている「iPhone 8」に関する情報をまとめたレポートを公開し、新たに「AirPods」が同梱されると予測している事が分かりました。


「iPhone 8」は5.85インチの有機ELディスプレイを搭載し、ディスプレイ左右のベゼルがなくなり、ホームボタンはディスプレイに統合されるとのこと。

また、有機ELディスプレイの採用によりディスプレイ関連部品の薄型化が可能になることから本体内部に新たなスペースができる他、ロジックボードの2層化によりバッテリーの搭載容量が増加するとみられています。


本体背面には2.5Dガラスとステンレスを採用し、ワイヤレス充電に対応する他、カメラはフロント及びメインカメラとも光学手ブレ補正機能を搭載し、新たに3Dセンシング技術が搭載されるそうです。

更に、「iPhone 7/7 Plus」のアップデート版となる「iPhone 7s/7s Plus」もアルミとガラスを組み合わせた筐体を採用するとも報告しています。

一部を除きこれまでに出てきた情報のまとめといった感じですが、「AirPods」の同梱については、発売から約5ヶ月経った今でも品不足が続いている事や、コスト面を考えると流石に有り得ないと思いますが…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で