Microsoft、「Windows 10 S」を正式に発表

本日、Microsoftが、「Windows 10」の新バージョンである「Windows 10 S」を正式に発表しました。


「Windows 10 S」の”S”は「Secure」、「Superior Performance」、「Soul」の意味合いがあり、教育機関向けのバージョンとなっており、基本的な部分は「Windows 10」と変わりないものの、Windows Storeからダウンロードしたアプリのみインストール可能で、ライセンス料(教育関係者は無料、一般ユーザーは49ドル)を支払う事で通常版の「Windows 10 Pro」にもアップグレード可能です。

また、通常の「Windows 10」に比べてログインしてから起動するまでが速く、デフォルトの設定では全てのドキュメントがクラウドに保存されるようになっている他、PCの設定をUSBメモリに保存し、そのUSBメモリを「Windows 10 S」搭載PCに挿すだけで、自動的に保存された設定に基づいてPCを設定してくれる機能も利用可能とのこと。

なお、同OSを搭載したデバイスは189ドル(約20,000円)からで、今後数ヶ月の間にAcer、Asus、Dell、富士通、東芝、HPといったMicrosoftのOEMパートナー各社から発売される予定です。


[via MSPU

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で