ARM版「Windows 10」を搭載したPCは今年第4四半期に発売へ

VMware Fusion 8.5

MicrosoftはARMベースの「Windows 10」を今年投入する事を明らかにしていますが、このARM版「Windows 10」を搭載した最初のPCは今年第4四半期(10~12月)に発売されることが分かりました。


これはQualcommのCEOであるSteve Mollenkopf氏が明らかにしたもので、Snapdragon 835とARM版「Windows 10」を搭載したノートPCの発売は今年第4四半期になるとのことで、ホリデーシーズンの事を考えると10~11月に発売されるものと予想されます。

このことから、Microsoftは5月2日にイベントを開催する予定で、Surfaceの新型ノートである「Surface CloudBook」が発表されるのではないかと予想されていますが、上記の情報から「Surface CloudBook」はARMベース(Snapdragon 835)ではなく、x86ベースになる事が予想出来ます。


[via Softpedia

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で