米Microsoft、現地時間5月2日に発表イベントを開催へ ー 「Windows 10 Cloud」などを発表か

本日、米Microsoftが、現地時間の5月2日午前9時30分(日本時間5月2日22時30分)からWindows 10及びハードウェアに関する発表イベントを開催することを正式に発表しました。


イベントは米ニューヨークで開催され、「Surface Pro 5」が発表されるものとみられてきましたが、Business InsiderPaul Thurrott氏などは、Microsoftに近い関係者の話として、同イベントで「Surface Pro 5」は発表されないようだと報じており、上記イベントのバナー画像に書かれたハッシュタグ「#MicrosoftEDU」から学校・教育関連の発表が行われる事が予想出来ます。

教育関連とのことなので、昨日に噂のあったARM版「Windows 10」を搭載したSurfaceブランドの新型ネットブックについては、学校・教育機関向けとしてGoogleの「Chromebook」と対抗するモデルとも言われており、もしかしたら教育向けの発表の1つとして同製品が本当に発表されるのかもしれません。

また、これまでの情報では、Cortana対応音声アシスタントスピーカー「Invoke」や「Windows 10 Cloud」の発表が噂されており、「Surface Pro 5」については、これまでの情報から発売が近いことは確かな為、イベントの中では発表されないものの同時期に販売が開始される可能性が高そうです。

なお、同イベントのライブ中継はこちらのページで視聴可能です。


[via MSPU

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で