F1公式ゲーム『F1 2016』のMac版、配信開始

VMware Fusion 8.5

Feral Interactiveが、F1世界選手権の公式ゲーム「F1 2016」のMac版の配信を開始しました。


「F1 2016」は、2016 FIA F1世界選手権の公式テレビゲームで、新しいアゼルバイジャンのバクサーキットなど、21のサーキットから成る2016年のシーズンをフルにカバーし、22人のドライバー、そして新しいHaas F1チームを含む11のチームがフルラインナップされています。

また、セーフティーカーの復活やバーチャルセーフティーカーの追加が行われている他、キャリアモードは最長10年で、クロスプラットフォーム対応のオンラインマルチプレイヤーモードも搭載されています。

最小システム要件は下記の通りで、アプリの公式ページにはサポートされていないグラフィックカードが掲載されているので、購入の際はご注意を。

・プロセッサ:Intel 2.9GHz以上
・RAM:8GB
・VRAM:2GB
・ストレージ:35GBの空きが必要

なお、価格は6,000円で、日本語もサポートされています。

F1™ 2016
6,000円
(2017.04.07時点)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で