次期「Apple Watch」は今年後半に発売か

DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話として、Compal Electronicsが「Apple Watch」のサプライチェーンに入り、同社は2017年後半より製品の出荷を開始するようだと報じています。


現在、「Apple Watch」の組み立てはQuantaが独占的に請け負っており、今年下半期にリリースされる次期「Apple Watch」は引き続きQuantaが請け負うものの、現行モデルである「Apple Watch Series 2」の一部はCompal Electronicsが請け負うようになるとのこと。

なお、Compal Electronicsは中国の重慶にある工場で「Apple Watch」の生産開始に向けた準備を進めているそうです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で