Apple、Samsungに対し次期「iPhone」用の有機ELパネルを7,000万枚発注か

Nikkei Asian Reviewが、AppleはSamsungに対し7,000万枚のフレキシブル有機ELパネルを発注したようだと報じています。


iPhoneの設計に精通したサプライチェーンの情報筋が明らかにしたもので、市場調査会社IHSのシニアディレクターであるDavid Hsieh氏も同様に「AppleはSamsungに7,000万枚の有機ELパネルを発注した。需要が予測を上回った場合、Samsungは2017年にAppleに対し9,500万枚生産する準備を進めているようだ」と述べており、有機ELパネルについてはSamsungの独占供給となる模様。

Appleは今年3種類の新型「iPhone」を投入すると言われており、有機ELパネルが採用される「iPhone 8」はフレキシブル有機ELパネルを搭載し、ディスプレイサイズは5.2インチになると予想されているとのこと。

4.7インチと5.5インチのモデルは引き続き通常の液晶パネルが採用され、3モデルともワイヤレス充電機能を搭載する予定で、防水性能も備えているとのこと。

また他にも、「iPhone 8」は顔認識を可能にする3Dセンサーを搭載するとの情報やホームボタンが廃止されるとの情報もあるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で