トリニティ、「NuAns NEO」の後継モデル「NuAns NEO [Reloaded]」を発表 − Android搭載でおサイフケータイにも対応

本日、トリニティが、「NuAns NEO」の後継モデルである「NuAns NEO [Reloaded]」を発表しました。


「NuAns NEO [Reloaded]」でも現行モデルの「NuAns NEO」のカバーはそのまま利用可能で、OSは現行モデルの「Windows 10 Mobile」から「Android 7.1」に変更され、おサイフケータイにも対応しています。

主な特徴は下記の通りで、ドコモ、au、SoftBankの3キャリアに対応し、VoLTEにも対応しています。

・最新Android 7を搭載
・安心のセキュリティパッチやアップデート配信
・Snapdragon 625(2.0GHz)採用
・3GB RAM搭載
・ストレージは32GB
・Quick Charge 3.0対応
・3,450mAhの大容量バッテリー
・5.2インチフルHD液晶ディスプレイ
・曲面ガラスでも割れにくい「Dragontrail Pro」採用
・指紋認証センサー搭載
・おサイフケータイ対応
・大手キャリアすべてで使える最新のマルチバンド設計
・ソニー製センサー高性能カメラ採用
・防塵防滴仕様


なお、発売は2017年5月の予定で、コア部分(本体)の価格は49,800円となっており、Amazonやワイモバイル、ビックカメラ、ヤマダ電機、二子玉川蔦屋家電、ロフト、東急ハンズ、スマラボ、arenotで順次発売される予定です。

また、本日より予約受付を開始し、予約受付開始を記念して、Trinity NuAns Storeで「NuAns NEO [Reloaded]」のCORE(端末本体)を予約し、さらにアンケートに回答すると、もれなくTWOTONEカバー(上下セット)もしくはFLIPケースが貰えるキャンペーンも実施されています。

 ・Trinity NuAns Store
 ・キャンペーンサイト


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で