Apple、開発者に対し「Classroom 2.0」のベータ版を公開

VMware Fusion 8.5

本日、Appleが、開発者に対し、教師が生徒の学習の進捗状況を一元管理できる「Classroom」アプリの次期バージョンである「Classroom 2.0」のベータ版を公開しています。

classroom
「Classroom 2.0」では、モバイルデバイス管理サーバに登録されていない「iPad」でもサポートされるようになった他、「AirDrop」を利用して学生と文書やリンクを共有する事が可能になっています。

なお、開発者の方はDev Centerよりダウンロード可能です。


[via Neowin

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で